キーマカリーズとチチワシネマ(京都) /Hep pep tits

キーマカリーズとチチワシネマ(京都)
Hap pep tits / 1st full album /CD
レーベル : ロードトリップ
¥1,500
発売日 : 2018/12/5

 

Captain's Review :

キーマカリーズとチチワシネマの1st Albumが岡山のロードトリップからリリースされました。
彼らは若干20才前後で組まれているバンドで、僕が出会った時は彼らが高校生の時でした。大阪に住んでいる時、高校生のやばいバンドがいるという噂を聞いて、ライブをみたんですがとにかくむちゃくちゃだったんだけど、何か惹きつけられるものがその当時からあって、ちょっと悔しい気持ちになったのを良く覚えています。そんな彼らは大学受験やメンバー脱退もあり、一時期活動してなかったんですが、それを乗り越え、サクッと何事もなかったように活動を始めたので嬉しかったです。ボーカルのダイセイにはそういう飄々とした強さがあって、それとメンバーのバランスが絶妙で本当に良いバンドだなと思います。
なので、この1st Albumのリリースとシンタロウのレーベルからのリリースというのは1つ綺麗なドラマがありすごく嬉しいですね。
内容もとてもとても青くて、その青さは甘酸っぱい青春の青さで、胸の奥の方をキュッと指でつままれたような感じでした。彼らが高校に行きながら書いたんであろう曲は、高校という場所とライブハウスという場所を行き来して生活している、そのリアルな感じも想像したり思い出したり、彼らの視点であったり、でも不思議と懐かしさよりも新鮮でした。
ドタバタとするビートの中に乗せられる歌詞とその入れ方もとても印象的な作品です。
GrimpleのカバーVivisick, KKmangaのはまじのことを歌ったであろうビーサンも入っています。良い!

こないだ、一緒にライブをしたんですが、新曲も次のフェーズに入っていてすごく良かったです。これからの彼らもどんどん飛んで行くでしょう!

レーベルオーナーの言葉がやっぱまとを獲まくってます。FOREVER YOUNG!
青春というものがどんな形であれ、あれば良いですね。

 

 

彼らのインタビューなどが書かれたブログです。音楽的考察も含めとても面白いブログなので是非!

恋の夕凪
https://ameblo.jp/piouhgd/

 

 

<収録曲>

1.暮らし
2.Lost Paradise
3.あのね
4.YOUR GLORY DAYS
5.Vivisick
6.ビーサン
7.水風呂
8.ぴゅあしゃい
9.2日連続であそんだ
10.ヤンキータワー
11.You talk, I listen
12.共勃ち
13.ロードトリップ(fa fa fa fa fa)
14.先輩のおっぱい
15.Youth,Attack,Center